新しい機能を付けられる

家は作ったらそのまま使い続けなければならないというわけではなく、過ごしやすいように使い続けることが可能です。建設当時よりも質の良い断熱材を使いたいと考える人も、リフォーム業者に頼めば簡単にできますので注目しましょう。

リフォーム前や最中に気を付けることチェックリスト

  • 地方自治体への補助金申請手続き
  • 建築確認申請
  • 建設リサイクル法の事前届
  • 仮住まいの準備
  • 近辺や職人へのあいさつ
  • 追加の要求
  • 工期の変更
  • 費用の変更
  • クレームの確認
  • 施工内容の確認

目的は人によって違う

同じリフォームとはいえ、その内容はまったく住居によって異なってきます。そのため、一概に「リフォームの際にかかる費用相場はどのくらい」ということができません。種類によって検討内容も変化してくるので注意です。

リフォームの形式を比較してみよう

全体のリフォーム

重要な構造のみを残してリフォームをしていきます。このため、間取りも自由に変更できますし、新しい設備を付け足すことも可能です。地震対策のために免震構造もつけられます。

目的別のリフォーム

断熱材を入れて室内の空調設備を整えたい、バリアフリーにしたい、という目的がある際のリフォームを指します。これも構造から考える場合もありますが、設備追加で済ませるのも可能です。

古くなった家でもリフォームをすれば快適になる

工具

玄関は家の顔

リフォームには様々な方法と施工する箇所がありますが、海老名では玄関ドアリフォームをしてくれる業者もあります。玄関は小さな部分なのでリフォームのことを考えているときはあまり目がいきませんが、実は家の印象を変えたいなら玄関ドアから変えるべきなのです。

一日で施工完了

リフォームといえばとても時間がかかってしまうという印象がありますが、玄関リフォームだけなら早くて一日で施工が終了します。しかも激安な業者もあるのです。
気に入ったドアのデザインや機能を選んで注文すれば、あとは業者が枠を取り外して、古いものは処分してくれます。

建具修理は専門業者に任せよう

[PR]
海老名でリフォーム業者比較
依頼したい会社発見!

リフォームの人気箇所ベスト5!

no.1

水回り

水回りは最も劣化しやすい箇所なので、リフォームが最も行なわれる個所となります。タイル回りの黒ずみも新しいものにすれば気分一新できます。新しい機能をもった製品もたくさん作られているのが特徴です。

no.2

オール電化切り替え

今使っているガスコンロなどをIHクッキングヒーターに変更することも、リフォームの工事ではよく行なわれています。給湯機システムも同じ業者に申し込んでオール電化に変えることも可能です。

no.3

バリアフリー

近年では各家庭に介護が必要な高齢者を抱える現状がみられますので、これを機に家の敷居などの段差をなくすバリアフリー工事を施工する家も増えてきました。家の状態を確認して必要な機能をつけることになります。

no.4

外壁張替え・塗り替え

家の外壁は雨風に常に晒される状態ですので、古くなれば変える必要が出てきます。マンションでも行なわれますので、多い工事といえます。美しい見た目にしてくれるサイディングやパネル工事もできます。

no.5

家まるごと

基本的には部分工事がよく行なわれる工事ですが、古い家をまるごと作り変えて住むという方法も最近では注目されています。今の建築構造にはない面白い構造をそのまま使いながら、新しい家にできる方法です。

[PR]
中古物件のリノベーションを依頼
快適な空間がゲットできる!

[PR]
コンセントの増設工事を依頼しよう
部屋の不満を改善